ほくろ除去の治療を受ける【レーザーを当てていくだけ】

見た目悩みを解消する

ナース

ほくろ除去は無料カウンセリングを行っている美容整形外科にしませんか。炭酸ガスレーザーや切除法、電気分解など複数の治療法もありますし、駅の近くにあることが多いので通いやすいです。

More...

綺麗に取り除こう

ドクター

大きさで料金に差

ほくろのほとんどは良性の腫瘍ですから、そのまま放置していても何の問題もありませんが、稀に悪性のガンとなる場合があり進行が進んで命を落とす危険性もありますから早期に発見し適切な治療を受ける必要があります。よく顔にあるほくろは縁起が良いと言われますが、実は悪性黒色腫(メラノーマ)の可能性もあり、切除せずに放置してしまうと、リンパ節や臓器に転移する可能性もありますから、非常に危険な病気だといえます。素人では良性のほくろか悪性のメラノーマなのかを判断するのは難しく、良性だと思っていたものが悪性だったというケースも少なくありません。特に、成人になってからできたほくろというのは、メラノーマを疑った方がよいでしょう。他のガンと比べほくろのガンというのは痛みなどはほとんどなく、大きくなりはじめて初めて異変に気づくということが多く、気がついた時にはかなり進行していたという人も少なくありません。メラノーマではないほくろの場合、美容外科クリニックで除去してもらう人が多いようです。レーザーや電気メス、高周波メスなどで綺麗に除去するのが一般的です。レーザーは数が多く比較的小さいサイズのほくろに効果的な治療法です。レーザーを当てていくだけなので治療時間も短く、ほくろの数が多くても時間はかかりません。レーザーを当てるときは、麻酔クリームを塗布して痛みが出ないようにしていきます。痛みに弱い人は笑気麻酔など他の麻酔にも対応しているので医師に相談してみましょう。レーザーを当てた後の肌はデリケートになっているので、肌をこすったり、日焼けをしたりしないように注意します。また、傷の治りをよくするため、軟膏や薬などが処方されることもあります。レーザーで対処できない大きさのほくろは、メスで切開して縫い合わせる方法が最適です。ほくろより大きめに切開し、傷口を縫い合わせるので綺麗に仕上がります。傷跡が綺麗になるまで少し時間は要しますが、腕のいい医師ならばレーザーより目立たなく処置することも可能といわれています。また、切り取った後のほくろを検査して、メラノーマかどうかチェックしてもらうこともできます。病気が発見されれば、すぐに治療を開始することも可能です。さらに、切開した後の傷を縫合せず、軟膏を塗って処置する方法もあります。どの方法がベストか医師と相談して決めていきましょう。ほくろの除去費用は、ほくろの大きさと数によって変わってきます。一般的に5ミリ以上の大きさになると料金が上がる傾向にあります。

ほくろ除去は美容整形外科

顔を触る人

顔に出来たほくろを治療するためには、美容整形外科など医療機関で炭酸ガスレーザーを利用した施術を受ける必要があります。また、安全なケアのためにも施術実績が高く信頼性の高いクリニック選びが重要になるでしょう。

More...

安心できるほくろ除去法

カウンセリング

人によって体にできたほくろは違います。美容外科では個人のほくろに合わせた治療を受けることができるので、コンプレックスを解消することができるでしょう。また、除去費用についても把握しておきましょう。

More...

ほくろ治療の選択肢

医者

気になるほくろを綺麗に除去したい場合、美容整形外科で治療を受けると良いでしょう。また、一回の治療で終わらないこともあるので通いやすいところ、保証があるところを選ぶと安心することができます。

More...